中山うりとSuzanne Vegaの新譜

99.9f

99.9f

 マイフェイバリットなアーティストが新譜を出すということで、ちょっとだけ仕事をサボりました。中山うりのほうは、懐かしの名曲をリメイク。いろんな人たちが言っているけど、「空飛ぶくじら」はとりあえずよかったっす。それよりなにより、ジャケツが鬼だと思います。
 スザンヌ・ヴェガのほうは、インディーズで、昔の曲をマイフェイバリットにやりなおしてます、みたいな感じで、思わず、ミドリカワ書房か!とツッコミを入れたくなりますが、もちろんああゆう意味ではなく、メジャーテイストは取り去って、好きなように好きな音楽をしますみたいな感覚でしょうか。すごく目立ったのはルカからなんだと思うけど、私は、全く工夫のかけらも見られないジャケツなデビューアルバムが特にフェイバリットで、そのなかでも“Small Blue Thing”というのが、フェイバリットだったんですけど。

オフィシャルサイトのご説明 by ご本人

Suzanne Vega reinterprets her best-loved songs in imaginative and intimate renderings The first of 4 CDs in Suzanne’s Close-Up Series. Vol. 1: Love Songs includes: "Marlene on the Wall," "Caramel," "Gypsy" and "Small Blue Thing."


"These are songs that I have written over the years and now re-recorded. I wanted to give you, the listener, a small sort of gift These are the songs I consider love songs, although they are also songs of attraction, flirtation, and confrontation. Thanks for listening."

曲目

Close-Up Vol. 1: Love Songs

1 Small Blue Thing
2 Caramel
3 (If You Were) In My Movie
4 Gypsy
5 Marlene On The Wall
6 (I’ll Never Be Your) Maggie May
7 Harbor Song
8 Headshots
9 Song In Red And Grey
10 Stockings
11 Some Journey
12 Bound

 で、キターと思ったのは、一曲目に入ってるんですよね。マイフェイバリットな曲が。で、買おうかと思って、アマゾンで見たらねぇの。よく見たら、オフィシャルサイトとBarnes & Nobleからしか買えないんだって。でも、オフィシャルの方は、日本のクレジットカードも使えるみたいだし、注文してみようかなとも思うんだけどね。